オリジナルダンボール(段ボール)工作キット製作事例-スマホで撮れるピンホールカメラキット『暗箱:ANBAKO』

依頼元・企画・監修:有限会社フォトハウス 様

https://www.photohouse.co.jp/

  • 商品名称:スマホで撮れるピンホールカメラキット『暗箱:ANBAKO』
  • 製作・設計:クラフトマンエッセンス
  • 生産国:日本(MADE IN JAPAN)
  • 購入・詳細ページ

スマホで写せるピンホールカメラ組み立てキット『暗箱:ANBAKO』ブラックタイプ & ミニタイプ

有限会社フォトハウス 様からのご依頼を受け、スマホで撮れるピンホールカメラのダンボール(段ボール)工作キットをオリジナルで作成しました。

オリジナルダンボール工作 スマホで撮れるピンホールカメラキット『暗箱:ANBAKO』の特徴

スマホで撮れるピンホールカメラキット『暗箱:ANBAKO』の特徴は

  1. レトロなカメラをモチーフにして作られた遊び心溢れるデザイン
  2. 強化ダンボール、EFダンボールなどを組み合わせて作られた高度な設計
  3. スマートフォン対応のため、気軽に取り直しが可能
  4. ピント調整機能やピンポールの仕組みを通して、カメラの仕組みを学ぶことが可能

の4点があります。

また、こちらの商品は小ロットでの試作・製作依頼を受けましたので、レーザー加工機を利用した20個程度の小ロット生産を行いました。

クラフトマンエッセンスでは、ご依頼内容に合わせて小ロットでの生産も可能になっております。

スマホで撮れるピンホールカメラキット『暗箱:ANBAKO』のデザイン拘り箇所について

当店がオリジナルで製作・設計させて頂きました『暗箱:ANBAKO』では、ご依頼やご要望に合わせて細部まで細かく調整しました。

機能面はもちろんですが、見た目によって商品の魅力は大きく変わります。

今回の設計では、EFダンボールだけでなく、BFの強化ダンボールなども使用しました。

機能面では、ピンホール部分は最小0.5mm、最大でも1mmのとても細かな穴を空けました。

これはレーザー加工でしか出来ない細かな加工です。

デザイン面では、レトロなカメラで見かけるフィルムの巻き上げクランクのダミーを作りました。

強化ダンボールとEFダンボールの組み合わせで側面に付けています。

ファインダー(のぞき穴)にあたる部分も、山折りと谷折りの組み合わせで再現しました。

この部分はEFダンボールのみで折り曲げ加工しました。

罫線(折り曲げ線)は、レーザーによる表面のハーフカットで再現しています。

スマホで撮れるピンホールカメラキット『暗箱:ANBAKO』実際の撮影画像について

スマホで撮れるピンホールカメラキット『暗箱:ANBAKO』では、日中ならスマートフォンで、とても趣のある写真が撮影可能になっています。

少しぼんやりした感じの写真は、ピンホールカメラ特融の味のある写真に仕上がります。

これはスマートフォン単体では撮影出来ない、レトロ感のある素敵な写真です。

撮影を通して楽しめるので、子供だけでなく、大人の方にも楽しんで貰える素敵な工作キットになっています。

有限会社フォトハウス 様のご紹介

有限会社フォトハウス様では、スタジオでの人物撮影は勿論、出張撮影や商品撮影などもして頂けます。

当店では、いつも商品写真撮影でお世話になっており、商品の魅力を何十倍にも引き出すとても素敵な撮影をして頂いてます。

下記の写真が実際に依頼して撮影して頂いた写真です。

背景素材などの小道具も駆使しながら、商品の魅力を引き出す写真に仕上げて頂きました。

ご興味ございましたら、是非お問合せしてみてください。

有限会社フォトハウス

https://www.photohouse.co.jp/

紙、ダンボールで出来たオリジナルの工作キット制作について

当店ではご依頼内容に合わせて、オリジナルのダンボール工作キットの試作・設計を行います。

素材は、内容に合わせてダンボールの他に、紙素材や木工なども組み合わせてご提案することも可能です。

ダンボールや紙素材を使ったオリジナル工作キットについては、下記ページにて詳細をご紹介しています。

ご希望に合わせた提案を行いますので、ご興味がございましたら是非下記よりお気軽にお問合せください。

クラフトマンエッセンスでは、試作・設計・見積もり依頼のご質問、ご相談をいつでもお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です